1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■森博嗣「奥様はネットワーカ」/講談社ノベルス

■森博嗣「奥様はネットワーカ」/講談社ノベルス



複数の登場人物の主観による語りがザッピング形式で描かれるので、読みにくかった。渾名と本名二つあるってのも理由で序盤は人物把握に戸惑いまくり。舞台劇みたいだなーという気持ちで読んでいたらラストがそんなノリの幕引きであった。

以下ネタバレ。

・京極夏彦小説でも「魔がさす」という動機が語られていたので、試しに殺したという部分は割りと納得出来るし、連続殺人のアンサーとして森博嗣らしくもあった。連続殺人という大事件をある意味茶化した扱いにしているのは森博嗣らしいでしょ。

・「日記が嘘だった」というのは上手い。一人称だろうと殺人部分のモノローグが伏せられているだけ、みたいにかまえて読んでいたので気付けそうなものだったのに気付けず。

・ホリのポジションを読んでて掴み倦ねた。このままストレートに狂いつつある人じゃないよなあと思いつつも、森先生は一作に過剰なネタ供給しないタイプだしもうひと捻りないまま終わるかも知れないなあと迷った。早い話が当作品をちょっと舐めて読んでいたというのがある。作家としてブランディング出来ているし、あんま凝ったコトしないでキャラ小説で濁すんじゃないかと油断してた自分がいる。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR