1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 13号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 13号/2017年

■虚ろう君と
新連載。73ページと破格のボリュームでの登場。イマジナリーコンパニオンと思いきやその方面の世界では実在しているようなパートナーとあれやこれややっていく感じの話の様子。73ページという大ボリュームの割にはベッタベタな進展しか無かったという感想であるが、無駄ゴマをナチュラルに紛れ込ませて間をもたせたという意味では何気に良い一話だったのではないのかという、商業視点で評価する自分もいる。

73ページだよ。凄い話進められそうじゃん。そこをあえてじっくり引き伸ばしも含めて20ページ作品のような内容で描いているんだよ。いやこれ馬鹿にしているワケじゃないよ。慌てて色々描きたい気持ちを押さえて一話相応の内容に留めるってのは、結構出来ないもんだよ。

■刃牙道
骨が透けて見えるだの、第三者にもあのビジュアルだったと判明。いやいやいや、電撃で骨格が見えるなんて本来ギャグ描写なのにどうしてそうなっているんだよ。

そして当のテーザー銃を放った岩間が速攻で回復した武蔵に首チョンパされる。死者、二人目。マジでちゃんと殺しているの? 集団催眠みたいなオチはごめんだよ。

■弱虫ペダル
前年はアニメしか観ていない自分なので、悪役っぽかったこの二人が活躍して何とか爪痕を刻もうとするって振る舞いは割りと応援したくなる。

■六道の悪女たち
椰子谷唯が完全に能面モードなのが気になる。この人、悪女でも何でもなく勢いで成り上がった普通の女で内心ビクビクしているんじゃないかと想像している。剃り込み入れてるけど、家に帰ったら髪下ろして超地味な女の子になっているんじゃないかと。

■あつまれ!ふしぎ研究部
おっとり系の巨乳の人だけやたらフェチっぽいニーズに応える感じになっているんですけど。背筋ツツーとかすんごいマニアックなんですけど。

スカートバサバサやってる人がまあリアルでは一番付き合いやすそうだよなあ。

■英雄!シーザーさん
大江しんいちろうって、ポセイドンの人かよ。

2ページ目でかの名言が出てしまいこれ大丈夫なのかと思ったが、どうやら出張版らしく、きっと本編でもそのネタ天丼しまくりなんだろうなーと安心した。ていうかあのポセイドンの人が無難なギャグ漫画描いててそれだけで驚くよ。クレオパトラのデザインが実にあざといな。現代向けな造形になっておる。

■猫神じゃらし!
元々血統もいいし温室育ちだったであろうたぬがみさまが野生に触れて危うい展開になる回。が、最後の最後で猫神さま登場で間一髪という、もう安全安心な締めくくりで読んでて何も心配する必要のない漫画。

■BEASTARS
例えば刃牙では「童貞を捨てる」を殺人で表現していたが、この作品ではそういうのを草食獣を食うで表す感じなんだろうか。一線を越えられないレゴシの純粋さを応援したい。

ビルを筆頭とした肉食の連中のリアクションも分からなくもないが、どうにもキョロ充っぽい年齢相応の背伸び感があるんだよなあ。作者、こういう思春期のメンタル/機微の描き方が妙にリアルで宜しい。

■サウエとラップ
巻末コメントで「この話は次回で終わりです」だの書いてて、ついこの漫画も終わりかーやっぱ短期連載だったのねーとか思ってしまった。週跨ぎのシリーズが次回で終わりってコトなのね。

いや、正直ラップが足かせになっているラップ漫画になっているので、連載そのものが終わってもいいかなーという気持ちが強い。作画の人は久々の連載なので頑張りたいだろうとは思うんだけどさ、サイプレス上野とかいうよく分からないラッパーの餌食にされたと今回は諦めてくれないかな。

■Gメン
常々思っているんだが、ヤンキー漫画のバトルシーンって、どうしてこんなに迫力無いんだろうか。パンチが棒をそのまま押し付けるような、この感じ。

■JINBA
まず掲載位置があまりにも後半って時点で笑える。連載三回目でしょ。自分の中ではめっちゃ注目作品なのに。これ駄目そうなんですけど。青果人以来の逸材と思っているのに、この位置ってあんまりなんですけど。

そして今回の内容は、サラはジンバに対して強く言い過ぎたコトを反省、一方のジンバはサラに捨てられる恐怖から競走馬とは何か、そのあり方を反芻し脚力を鍛え出すという、何か至ってまともなバディものの様相を成した出来になっている。設定がとことん狂っているのに何でこういう真面目な展開にするの? 読んでるこっちが戸惑うじゃないの。

■吸血鬼すぐ死ぬ
新キャラ登場、そして退場。こ、この作者はキャラを大切にするからいつかまた再登場してくれると思っている。中二病全開なノリだけど、そこを活かして再び活躍してくれるさ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR