1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 19号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 19号/2017年

表紙、週チャン新時代突入宣言とあるが、六道もビースターズも既に看板として十分なポジションにあるので言い得て妙なキャッチだな。

今週号は刃牙道も掲載位置が普段よりも低めでタイトルに偽りなしという感じ。まあ、刃牙道は今の展開は何も考えず惰性でページ埋めてるだけに感じてキツいし、この位置でも当然。

ミドリノユーグレとマル勇九ノ島さんの完結3・4巻が電子書籍のみで販売という告知もあり。切ないな。切ないがラストまで電子とは言え単行本として出るというのは作者としては救われているのかな。

■BEASTARS
ラストが何となく真夜中の初エンカウント(ハルは相手がレゴシと気付いていないアレ)っぽいシチュエーションだ。これ、ハルがあの時の相手がレゴシだったと察したりしそう。

■六道の悪女たち
椰子谷、強い男をぶっ壊すのが趣味と判明。ドS。今までのただ惚れてくれる悪女とは毛色が違う。いや、愛情表現が違うってだけで六道の陰陽パワーは食らってはいるのか。

六道単体だとかなりたちの悪い相手であるが、向日葵が常時ガードしているからね。椰子谷と向日葵のバトルは必至だろうし、その果てに強い女もいいなーとレズ化するのも十分あり得る。

■弱虫ペダル
本名わかった上で挑発してやがる的に思ってたんじゃなかったのか。ちゃんと本名知ってる!とか動揺しているのは流石にメンタル弱すぎる。

■あつまれ!ふしぎ研究部
アンバボー、ネットに出回るぐらいは有名なお面なのか。複数存在するの? 一つしかないのなら相当レアでしょ。

座ったコトで大祐が大祐のままと判断出来た鈴が一番性の知識多そう。そして千晶のリアクションがテンプレだろうがくっそあざといわ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
一番好きな女キャラのサンズが久々に登場してくれて嬉しい。今回初登場のコマから駄目そうなデフォルメされているけどやっぱり可愛い。

作者の筆が滑ってヒナイチからヒロインの座を奪うコトにもならなそうな扱いだけどそれでも応援する。何となくだけど、サンズは女性読者に嫌われそうなキャラにも思える。

■刃牙道
STAT隊員、10人は殺られたと考えているが、まだそんなものなのか。まあ、それでも随分殺したなあ。江美の死がしんどかったので人の死を描きたくないと、以前浦安の人との対談で語っていた板垣先生としてはやけに頑張った殺戮描写だ。

まあほぼ掘り下げもない、名前はあってもぽっと出の非ネームド同然な奴らだしあんま抵抗なく描けるのかも。むしろ断面描くのが楽しくなってきていそうでもある。

■ハリガネサービス
練習試合に駿天堂が登場。マジか。サプライズではあるけど、ここで顔見せしちゃったら決勝が霞んじゃうでしょーに。そもそも決勝自体勝っても負けても全国行けるんでしょ? ここで攻略の糸口を見つけつつも実戦でもやっぱ負ける、という展開になるのかなあ。

いやこの作者だとグズグズした展開が面倒になって優勝で全国行きにするやも知れぬ。全国でまだ見ぬ強豪にワクワクしたいしそれも充分アリ。

■魔入りました!入間くん
入間くん、鳥に攫われ行き着いた巣で鳥を治療。これ、えらい強キャラゲットしたんだろうなあ。今回ラストで出てきた凄そうなヤツもこの鳥一蹴してくれるんだろうなあ。先生も「あの鳥は!?馬鹿な!手なづけたというのか」だの伝説の魔鳥について知ってるのか雷電的説明してくれるんだろうなあ。

巻末コメントに漂うブームに乗ってる感、この人に関しては何故か嫌悪を抱かないな。

■虚ろう君と
さなかがイチイチ可愛い絵だった。あと横顔クセあるなこの作者。

■AIの遺電子
引きこもりの生態が割りとリアル。孤独に耐えられていると思っている人も、実際はネットでの他者とのふれあいがあるからなあ。

■冥界だより
閻魔がただ可愛いだけの漫画続行中。ゴムかけしてないような絵に見えるコマも幾つかあったが、別に作画荒れではなく、こういう画風なのかな。印刷でどう出るのか判断するの難しいね。

■猫神じゃらし!
昇天しそうになったトコロで笑った。珍しく黒い笑いではないかコレは。

■やさしいおねえちゃん
意外性に意外性を重ね続ける展開ではあるが、意外なぐらいでそんなに面白いとも感じず。

■Gメン
実はクズ男というヤンキー漫画ではベタなノリだが、久々でもあったのでちょっと新鮮にも思えた。妹を傷つけたくないので心を入れ直してくれ的に接してゴタゴタするよりも、もういきなり殴ってくれ。ヤンキー漫画は韓流ドラマぐらい段取りの消化が退屈だから。いいです。テンポ厨とか言われてもいいです。

■SIX
一話完結のいい話。そこそこ分かりやすいしこういう感じで連載一回目からやってても良かったのではないのか。

一話完結って、読者のハードルが下がるメリットあるなあ。謎が回をまたぐと反芻する時間を読む側に与えちゃってそれなりの解答を求めちゃうようになるし。考えさせずに一気に終わらせる一話完結は強い。

■木曜日のフルット
刃牙ネタで鯨井がそっち方面に覚醒したのかと一瞬思った。○×の帽子被ってるしこの会社専用の配達員で、当然グルってコトなのか。グルというかクレーム担当のパントマイマー。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR