1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 21+22号/2017年

■週刊少年ジャンプ感想 21+22号/2017年

■ONE PIECE
どさくさ紛れに骨が写真を破壊。骨、今エピソードかなり活躍しているなあ。

■ちんぎり
作中リーゼント同様、自分もちんちんを切る格闘技かと思いながら読み始めたよ。ラストしょっぱかったけどアリ。ギャグ漫画は過程過程が面白ければオールオッケーだな。

■約束のネバーランド
脱獄編堂々完結って。脱獄編なんて編が取ってつけられて驚いている。そういう方向で次の話へ広がるのか。舞台がどうなるのか早く知りたいし、ママはこれからも登場してリベンジャーとして派手に活躍してくれそうだし、ノーマンの安否も気になるので新展開はすごく楽しみ。

■こどもの日マンガ劇場
こどもの日にちなんでいない、「こども」のみでネタ作っている人もいるのが、何かこう作者の意気込みであったり担当からの伝達とかそういうあれこれを考えさせられて興味深い。まあ一番面白かったのはゆらぎ荘だけど。四コマベースなのに三コマ分使ってサービスシーンだよ。ニーズを理解している。

■鬼滅の刃
さらっと流しているけど、何度も自決しているというのはマジで狂気だな。肉親がそんなコト言うワケがないというのも一見素敵な家族愛っぽいけど、盲信と考えればこれもまた狂気。真っ直ぐなようでいて、ハンターのゴンみたいに危うい主人公だ。

■食戟のソーマ
大御所キャラ故か、美味いハズなのに表情が極端に変わらないのでインパクトが足りず。脱がなかったし。創真で炸裂する溜め状態なのかな。

■火ノ丸相撲
腹で吊る。デブキャラ最大の見せ場であったが、同じく太っちょの小関はこれを上回るカッコよさを演出して欲しい。

■ぼくたちは勉強ができない
きっちり適切に説明をするという、誤解をこじらせないスピード解決が良い。そこから一捻りしたオチも良い。新キャラさん、レズってワケではないが自分のコトを語っていたような感じなのも良い。

■左門くんはサモナー
アンリの活躍、ベッタベタなのに何故か感動した。この漫画のシリアスはイマイチだよーと思っていたのに何故か良かったぞ。おっぱいとか無関係で。

■磯部磯兵衛物語
ペリー久々の登場。春画を独占しようとしているのかな。せこい。実にせこい。変装が偶然にも磯兵衛まんまで波乱が起きそう。いや起きないまま帳尻合う展開か?

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR