1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 25号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 25号/2017年

■鮫島、最後の十五日
見開き扉で女性キャラが一人しかいない辺り、オス臭い漫画だよなーと再認識した。女性キャラ一人が色付きになっているだけで充分凄いと思えるし。

父親、子が伸び出したら金を所望したりでクズっちゃあクズであるが、挫折で己の等身大を理解出来ているトコロまでは良かったと思うんだがな。その後ただ落ちぶれたのが宜しくない。ここでもし子供の活躍に感化されて改心してもなあ、それもまた博打めいた生き様を肯定する感じで怖いよ。

■弱虫ペダル
最後まで発射しないで押し切るという、何か地味な作戦で勝利。現三年生最後の見せ場なのに中々地味。でも元から地味な二人だしな。充分な見せ場だったとも思える。

そして浦久保、負けたので素直にちゃんと返してくれるのかがまだ気になる。子供の頃海でクジラを見て感動した的な回想で手に負えない大物はいる、みたいに清々しく終わってくれそうでもある。

■刃牙道
古くから読んでる読者には既知な話を一話使って描くとはなあ。

これ、武蔵が背の刀傷を完全トレースで再び斬り、侠客立ちの入れ墨をズレていない元の状態に直すんじゃないだろうか。花山を殺さずにそれ相応の屈辱を与えるなら、それぐらいしか思いつかない。

■六道の悪女たち
雷乃、これもメイクだと思いたいが、六道への気持ちが他の鬼島連中にバレてガチで〆られてたらそれはそれでえげつなくて良いな。

■BEASTARS
色々な思惑が絡み合ってきて面白い。ジュノをビースターにしようとバックアップする連中も出そうだ。ていうかジュノがすんごい腹黒キャラでクイーンとして裏で暗躍しているという展開になっても自分は嬉しいぞ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
マリア頑張ってるな。以前もバストトップフラッシュしてたし、女の汚れ役を一手に担い始めている。いや、よく考えたらヒナイチのちんちん発言とか女キャラで一定以上活躍している面々はみんなそういう扱いされる側面あるな。

■魔入りました!入間くん
ほぼ人間とバレてしまっているのに少女漫画の続きが知りたいばかりに見逃される。ちょろいぞ生徒会長。巨乳だし。巨乳なのにピュアキャラなので露出的なサービスが期待出来なくなってしまったが。

■あつまれ!ふしぎ研究部
ラストのコマ、大祐に好意持ってるって解釈していいの?

■オドリオドル
オドルさんは全裸でダンスぐらいしそうなのにな。最後の最後で可愛くなっちゃって。

■AIの遺電子
脳を弄らなくても自分を基準でどんどん先鋭化させていけば己の好みや飽きの繰り返しでこういう感じになりそうではある。

■英雄!シーザーさん
そろそろ誤解しようがないレベルの行動をしているんだが、それでもブルータスは過大解釈してくれるのか。

■Gメン
兄のスロットにハマったり反省しないその場限りの生き様が実にクズで読んでてイライラするのが上手い。もうベッタベタなクズ描写なんだけど、クるなあ。最後も妹の為に心を入れ替えるとかじゃなくて何か更なるクズ行為を期待してしまうんだが。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR