1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 26号/2017年

■週刊少年ジャンプ感想 26号/2017年

■火ノ丸相撲
過去の強敵との戦いを回想しつつ強くなった潮が一撃で逆転されるシーンは草介の強さを演出しているんだが、そう分かってても何かギャグ臭く見えてしまった。

正面突破ではなく一点突破、という言い回しがカッコイイな。面ではなく点で、という針の穴感。

■ONE PIECE
今回の過去編面白い。ビッグマム、割りと掘り下げが浅いままサクサク話が進んでいたので、逆に存在が薄かったのを今回からの話で積み重ねてくれそう。許す許すでこのまま忍耐力ゼロの怪物になってしまうのかなこれは。今でもマザーを慕っているし、怒ってくれる大人には最後までなってくれなさそう。

■鬼滅の刃
上弦VS柱という、非主人公の戦いかつ主人公より強い衝突が始まる。勝敗見えないし楽しい。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
南極に飛ばされてもう戻ってきた鵺が素敵。トリコに出てきてもおかしくないスケール。

■アリスと太陽
バクマンが嫌いだった人とかこういうの好きそう。

■食戟のソーマ
高級料理が負けるとかおかしくない?と、漫画のハッタリに乗れずたまに素に戻る自分がいる。

■約束のネバーランド
対人相手の読み合いとは違う方向だけど、自然相手でもこれはこれで面白そう。が、鬼の追手も即効で出てきたし、即座に知略戦に戻りそうではある。

■左門くんはサモナー
不穏なラストで笑った。そんなに強調しなきゃならないのか。

左門はギャグ補正で弱くなるなあ。いや、これがいつもで、シリアス補正で強くなるのかな。

■青春兵器ナンバーワン
アンヌが終始笑顔で可愛いんだが、初登場時ってライバル視してギスギスしてなかった? 天然ぶりは初期からだったかも知れないが。ギャグ漫画のその場その場の変化でいい具合に可愛く成長した存在だ。

■ポロの留学記
ストレートな無双話でサクサク読めた。ヤクザ、銃を撃ってきた時点で実はこれまでの登場キャラの中で最も悪党だったのでは。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR