1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 27号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 27号/2017年

■毎度!浦安鉄筋家族
あぐらかいたまま畳毎回転して回避とか面白いギャグなのに今となっては本家でもそれぐらいやりそうなんだよなあ。例の人形がこっそり転がっているけど、肩揉み以外のプレゼントなんだろうか。

■刃牙道
防御を一切しない花山なので、斬られて終わりなんだが、作者はそれをどう回避するのか。武蔵に気に入られるの? 気に入られて殺したくないから舐めプになるの?

■吸血鬼すぐ死ぬ
ジョンに幻滅しました。マジロファン辞めます。

■六道の悪女たち
六道に言われた言葉を思い出して陥落してしまうという展開。童子は周囲を強者で固めているだけで当人自体は別段強くないのだろうか。戦略家なだけではなく、不安症なので周りに負けないぐらいには鍛えていますぐらいの理由付けできっちりラスボスな強さは見せてくれるのかな。

■BEASTARS
市長に丸め込まれるルイ。学生の中では突出しているほうだけど、まだ大人相手では歯が立たないのか。今回の失態を糧に成長するのかな。ルイはこのまま賢しい方向でパワーアップしていって欲しい。

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐、そんなシーンだけで動けなくなるのか。それぐらいの年頃だとそういうもんだったかなあ。

■魔入りました!入間くん
主人公に目標が出来たが、この漫画は別にそれ要らなかったな。巻き込まれて運と人の良さだけで切り抜けていけばそれで良かった。

■ハリガネサービス
やっつけたぞーって、それでいいのか。飯は美味いのか。グラサン監督は作者に愛されていそうだ。

■Gメン
ガールズバーってのが何か可愛い。これが少年誌の限界なんだろうか。ビースターズのように獣化しない場合、ここら辺がギリギリなんだろうか。

こんなの約束守るワケないよなあ。たまには守る人出て欲しい。いざこざ起こる前に妹に寄ってきた汚物を退治した時みたいに変化球欲しい。

■ひとみちゃん、まじまじ
大ゴマも使っているのに短ページでシンプルに纏まっている話だ。

■シスターインベーダー
父の再婚相手、みたいな理に適ったオチが二話目で明かされるとは、早いな。まだこれも本当なのかはっきりしていないけど。当人同士は気付いてないけど相思相愛っぽいキャラも出てきて突然普通のラブコメになったぞ。

■もよよよよ
どう説明して良いのか分からない読み切り。チャンピオンは時折目的が分からない漫画も載せる。ウザカワガールズよみきりという肩書、これがまあ適切だなあ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR