1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■夢枕獏「遙かなる巨神」/双葉社

■夢枕獏「遙かなる巨神」/双葉社

「木犀のひと」「どむ伝」「魔性」「わらし」「蒼い旅籠で」「消えた男」「千日手」「遙かなる巨神」、以上8編の中短編とタイポグラフィックストーリー7編が収録。

後書きによるとこれが二冊目の出版物だった模様。初期も初期だけあり、改行率が低くて文章密度がある。作者の小説家生活による経験・熟練で失った物得た物をあれこれ考えちゃうな。

タイポグラフィックストーリーは梶尾真治の忠告を守りその後は控えたようで、良い判断だったと思う。文字をその絵面で表現するようなもので、今日日のAAとかオノマトペをそのまま書くネット会話SSみたいなものに近い臭いを感じる。

表題作にもなっている「遙かなる巨神」が割りと真っ向からSFしてて宜しい。巨人とは何物なのか? 明確な答えが出ないまま雰囲気重視で終わると思いきや、それなりにその正体に迫ろうとしていて、今となっては夢枕作品でこれは珍しい。いや、未知を既知にまできっちり解体してその正体が判明するワケではないんだが、ここまで割れたらSFとしてももう充分だろというトコロまでは行っている。

ここまで明かされなくても、今の自分なら幻想が合理に落ちないまま終わっても許容だったと思う。「遙かなる巨神」は原始人に重力だの天体だのと言った世界運用のルールが理解出来ないだろうという感覚を思い起こさせたし、このまま幻想で終わっても充分だったので、この掘り下げは意外で、結果楽しめた。この作品も再読なんだけど綺麗さっぱり忘れていたよ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR