1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 30号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 30号/2017年

■魔入りました!入間くん
周囲の勝手な過大評価で成り上がる主人公でも良かったんだが、いざ頑張って相応の成果を出している姿を見ると、これもこれで良いものだ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
大祐、普段取り繕っている風でいてこういう時は欲望に忠実になってしまうのか。

■刃牙道
武蔵、剣を花山の掌に突き立てるも、そのまま握って剣を固定されてパンチをまた喰らうの巻。武蔵、ネームド戦士と戦う度に苦戦しまくりで、このキャラで作者はどうする気なんだろうという思いでいっぱいになる。

幾度か書いたが、主人公を立てる感じで武蔵を作っているんだろうなーという気はする。が、現時点ではイマイチ魅力に欠ける。マホメドアライジュニアの時みたいにぶん投げないでどうにかしようと模索しているのは、まあマシなのだろうか。ぶん投げちゃっていいんだよ、という読者もいそうではある。

■Gメン
カップルが着実に出来上がっている。伊達さんが幸せを勝ち取る日が来るのか、それがこの漫画で一番気になるトコロ。

■六道の悪女たち
天乃は突然過ぎる新キャラなんだけど、いつから作者は考えていたんだろうか。性別トリックを作中キャラに明かした途端にこんな新情報投入は素晴らしいな。そして雷乃が囚われの姫ポジションに。今までの女キャラで一番姫っぽいぞコレは。

■BEASTARS
食欲を性欲に置き換えれば、自分が抱いているのは愛なのか性欲なのかという感じでレゴシの葛藤も何となく理解出来る。

■英雄!シーザーさん
オールスターで次号出張最終回。出張終わるのか。割りと好評でこのまま週刊でも連載パターン入ったかと思ったのに。占い師が地味扱いされてて悲しいと同時に「むしろこっちのほうが好き」的ひねくれた風でいてその実素直な読者がファンにつきそうで、何かこう大江しんいちろうあざといわ。

■鮫島、最後の十五日
天雷と鮫島の因縁が描かれているが、このまま天雷との取り組みになるのかそれとも白鯨力になるのか怪しい雰囲気で以下次号。

この作者の描く男前キャラを連続して見るのも何なので、白鯨力に頑張って欲しいんだが。でも今週の流れ的には白鯨力優勢に見えちゃうので負けちゃうのかなあ。

■パンキー
悪党のはずの敵ボスがどことなく憎みきれない作品であった。ボス、これただの病人だからね。出る作品が違ってたら治療受けて真人間になっていただろうに。

■猫神じゃらし!
木の葉でどうにかしようとしているたぬのしんが可愛い。神の威厳ゼロで可愛い。

■シスターインベーダー
意外な方向での締めくくり。ていうか主人公が好きな対象って誰だったの? そこはっきりしないまま終わらせるこの流れは意外以上に、ずるい。

この作品もそうであったが、チャンピオンの短期連載や読み切りって、予定調和とか安定感とか最低限のルールとかそういうの無視してて突拍子もないものも多い。他(ジャンプ)が電撃文庫辺りだとしたら、ガガガ文庫みたいな、何が売れるか分からないからとにかくデビューさせてみるぜ感。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR