1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 32号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 32号/2017年

■魔入りました!入間くん
師団(バトラ)なる人間世界で言うトコロの部活選びが始まる。ぜひとも微妙な過疎部に参加して欲しい。何やってるんだかパッと見分からないような部に。で、「流石入間様! この師団の潜在的価値をここまで見抜いていたのですね」とかまた持て囃されて欲しい。

■刃牙道
また肉の宮か。花山を両断する気で斬ったにも関わらず骨にすら届かない武蔵の剣。どんどん烈海王って何だったのという気持ちになってしまうよ。最後も何? 武蔵、ツボに入って花山気に入っちゃって有耶無耶とかそんな流れになっちゃうんじゃないのか心配になる。こういうコミカルっぷりが前フリに過ぎず、キッチリ花山ぶった切ってくれるのかなあ。

■毎度!浦安鉄筋家族
最後のページで「きゃー!」で終わらずひねってきたのが良い。しかも首とかゴキってしてるし、細かいトコロで酷い。

■BEASTARS
レゴシの性格を積み重ねてきたから、単なるヤンキー素敵展開ではないってのが素晴らしい。

■六道の悪女たち
乙姫が結構強くて頼もしい。が、流石に椰子谷がここで退場するとも思えない。六道への歪んだ愛しかり、向日葵への対抗心しかり、その辺は回収して欲しいネタだし。

■囚人リク
無償の忠誠となると、母の愛になるのかな。絵面の面白さを押し出し過ぎてて、自分は軽く冷めてしまったんだが、純粋にカリスマ描写なだけなのかも知れないしなあ。この作者がたまにわからなくなる。

■AIの遺電子
とにかく中立なこの漫画にしては珍しく是非の行方が分かりやすかった。

こんな職場だと熱血主義者は病むよなあ。

■光の僕、照らすは日々の君
こんなタイトルだったのか。内容読んでから知るとやたらホモ臭いではないか。最初先輩も普通に試合に出ているのかと思って、てっきりとんでもないギャグかと。

■逆神サマが憑いている!
20年前のマガジン感がある。でも許容。

■Gメン
例え箸休め回であろうと、伊達さんがたくさん見れたので満足だよ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR