1. Top » 
  2. 週刊少年ジャンプ » 
  3. ■週刊少年ジャンプ感想 34号/2017年

■週刊少年ジャンプ感想 34号/2017年

■約束のネバーランド
謎文字での会話になってるけど対象がミネルバさんしか思い浮かばない。ノーマンが鬼世界で出世してるにはまだ早いだろうし。

世界が分かれたというのもまだ謎。何となくFF5みたいな分かれ方をイメージしているので、いずれ合体してください。

■ONE PIECE
麦わらがマムを倒してくれるのに期待して寝返る人はいないのか。

■鬼滅の刃
猪の人、首から下はマッチョだけど女みたい顔だったよな。何であんな化粧させられてるの。引き取った人、化粧を削ぎ落とした顔を透視してそうで、ホントに見る目ありそう。

■Dr.STONE
女の子の股間にふきだしがあるコマで少年漫画への遠慮を感じた。

■HUNTER×HUNTER
シマノが怖すぎるほどに有能だった。一気にクラピカサイドの人数減ったし、残った連中は有能で逐一掘り下げていっても追える。そしてシマノを信頼し情報や解釈、気付きを即教えてくれと頼むクラピカも何か良い。クラピカ、設定からか孤独に戦ってそうだけど周囲の人間きっちり使うタイプだなー。

■斉木楠雄
ミステリの演繹(を崇める推理小説読者)には辟易しているんだけど、こういうギャグだとご都合推理も許せる。

■食戟のソーマ
タイムラグの無いトレースってのは凄いんだけどそこまでやる必要も無さそうで微妙な気持ちになる。むしろ完全に同じだと、実食の際に先か後かで差が生まれそう。先だと「味が未開花」、後だと「鮮度が落ちている」、みたいな、どう転んでも難癖付けられる系で。

■ゆらぎ荘の幽奈さん
おねショタシチュエーションは己の好みではないが、色々幅広くやってて上手いなーと感じはした。

■火ノ丸相撲
新展開といいつつ数話で終わるエピローグ的なものになるのかな。最後の最後でようやくの蛍の勝利に期待したいトコロであるが、この世界観、神も仏もいないからなあ。

■青春兵器ナンバーワン
世界規模の変化もあっさり元に戻すのがとても良い。ギャグ漫画はこれぐらい無茶やってもいい。アンヌが今回も可愛い。ゴローはチョコ大丈夫な哺乳類なんだろうか。仮にゴローが犬とかだったとしても委員長はチョコ与えそうだし、ゴローも死を厭わず食いそう。

■磯部磯兵衛物語
「成長とかしないつもりなの?」に笑った。辛辣。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR