1. Top » 
  2. 週刊少年チャンピオン » 
  3. ■週刊少年チャンピオン感想 36+37号/2017年

■週刊少年チャンピオン感想 36+37号/2017年

■刃牙道
サラシがあったので内蔵出ないで済んだ、なのでサラシを更に巻いて再開しますという流れ。内蔵ぶった切られているんだし、動けなくて当然なのに、そこは花山だからで済まされてしまうのか。難儀だな。死なせずに済ませる(意識失わせる)術は無いんだろうか。

見た目のダメージが無さそうでもそれは無理だろと思ったトコロで刃牙が登場、これで水入りかーと思いきや酒を吹きかけて発破をかけるという所業に出る。止めれそうなチャンスなのに逆に花山を逆境に追い込む行為。ニヤニヤ半笑いでここまでやっておきながらいざ花山が死んだら神妙な顔つきで武蔵を睨めつけそうなのが刃牙という男だ。

■毎度!浦安鉄筋家族
修復後のドゥーさんの目の位置怖い。こうもテキトーな修理するとか、母親は子供の玩具に興味が無いというのを実に適切に表現している。

■BEASTARS
ジュノ、決して暗躍していたワケではなさそう。ここ毎週ジュノを極限悪女と妄想しててすみませんでした。ジュノが邪悪化してくれるのはこれからさ。現時点ではハルよりも回転早そうかつ理解も深そうな描写で、賢しいメス感は上だ。

■あつまれ!ふしぎ研究部
麗子の手ブラにもリアクションが薄い大祐、まじでことね以外に興味無さそう。

■六道の悪女たち
幼田VS般東決着。思えば幼田のマジバトルは初だな。初登場時は別の方向で話が進んでいたし。ちっこくて強いというのは主人公に匹敵するキャラ付けで、扉含めて幼田の活躍に終始する回であった。ただの殴り合いに過ぎないけど、テンポ良く一話で一気に終わって宜しい。

■魔入りました!入間くん
先生、呼ばなかった理由聞いて納得してくれて良かった。私が負ける可能性など無い、とキレなくて良かった。まあ、実際は負けない実力はありそう。

■JINBA
テンプリンスがこうもあっさり噛ませになるとは予想外。分かりやすいエスカレートを見せてて少年漫画しているな。

ペルヴェール、カマキャラなのかな。カマキャラは同性の尻を見たいあまり遅そうなのに強いのは何故か。己の尻を見せつけたいからなのかも知れぬ。みんなが私の尻を追っかけている的快感が強さの秘密なのかも知れぬ。

ジンバ、普通に人間として飛行機に乗るのね。ていうか普段馬扱いな生活しているほうが不自然ではある。

■鮫島、最後の十五日
大昔の回想かと思ったら最近の話だった。現時点でここまでボロボロならラストに来るであろう泡影戦どうなっちゃうのんだろ。脱力方面で覚醒するんだろうか。

■囚人リク
これ手首切ればそれで事足りそうな気もするんだが。手首から先失うのは大変だけど、死ぬよりマシでしょ。

■クラスメイツ
時間があると仕上げが丁寧になるな(マル勇終盤の作画を思い出しながら)。ナレーションの都合で、最後のコマがカイジっぽかった。

■吸血鬼すぐ死ぬ
導入の既視感が激しく、何故か過去作の再掲かと思った。

■音速ノロノロ
10回クイズネタがしつこくて笑った。

■木曜日のフルット
夏らしいホラーな真相だった。読者がすぐ悟らないようにベタ部分多くしているデザインなのが良いな。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR