1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■御影瑛路「僕らはどこにも開かない」/電撃文庫

■御影瑛路「僕らはどこにも開かない」/電撃文庫



魔法がどうの言い出す導入から、何度か読者が想定するアリナシ判定が覆されるこの感じは良い。超常現象アリなのかそういうのはナシの世界観なのか、読んでて何度か脳内で書き直したよ。これは「姑獲鳥の夏」がミステリなのかホラーなのかよく分からないまま読んだ時の感覚に近い。

美紀の魔法の正体が明かされる中盤が好み。丁度ストーリー上で魔法が解ける/効かないという状況で、その正体が明かされた読者も魔法が解けているという重ね具合が宜しい。

ギラギラした青春小説ながらも登場人物が総じて賢いタイプの作品。この年齢でこれだけの達観にはビビるし、同じ時期の自分を思い出すと恥ずかしくなる。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR