1. Top » 
  2. 漫画 » 
  3. ■松浦だるま「累」9巻/イブニングKC

■松浦だるま「累」9巻/イブニングKC



野菊の企みは達成できず。舞台上での累の笑顔が怖い怖い。ギリギリまで信じていた妹なのに裏切られたと知ってからの冷酷な対応がまた怖い。羽生田が黒幕っぽく見えてもくるが、まあこの人は仙水に対する樹みたいなポジションでしょう。あくまでも影。

野菊は今後どうなるんだろう。監禁されて飼い殺しにされるんだろうか。野菊、あの時あの瞬間そのまま情に絆されていれば助かったのになーと読者に過去のあれこれを思い起こさせるのが良いな。

誘と淵透世との邂逅も描かれる。母親を扱った過去編は小説で読んでいたので余計な重複を読まされるのかと心配していたが小説のその後の話で楽しめた。淵透世が予想外の性格で面白かった。この美貌で全く自信が無いという。また、誘の口紅の秘密を知って即座に共同戦線を張ったりと、意外に大胆かつ回転が早い(テンポの都合かも知れない)。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR