1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■ダン・シモンズ「サマー・オブ・ナイト」(上・下)/扶桑社ミステリー

■ダン・シモンズ「サマー・オブ・ナイト」(上・下)/扶桑社ミステリー

小さな町に威容を誇ってきた学校オールド・セントラルが、長い歴史を閉じ取り壊されることになった。終業式の日、教室を抜け出したタビーはトイレの壁に穴を見つけ入り込む。奥にはぼんやりした光。誘われるように彼は光の方に近づいていった……微かな悲鳴に生徒たちは不審を抱くが、教師らは取り合おうとしなかった。その日以来消息をたったタビーを自分たちで見つけ出そうと遊び仲間は相談する。それは夏休みの格好の冒険となるはずであった。しかし、その時を境に異様で恐るべき現象が少年たちを襲い始めた!

数名の少年の視点からなる群像劇。再読になるが、内容はほぼ忘れている。ホラーとしての大オチを考えず、少年たちの目先の悩みと付き合いながら読むようにしたら非常に楽しかった。特に序盤を丁寧に読み進めて、各少年たちの人となりを把握するようつとめた。明瞭な解説をせず、日常からキャラクターを浮き彫りにさせる作風で、楽しかった。

多くの少年たちが年齢特有の悩みや不安を抱えつつ生きているのに対して、デュエインが大人びた考えの持ち主であるため、読んでて共感し易い。町で起こっている怪奇に対してジワジワと真相に詰め寄っていく様は探偵。

上巻ラストは結構ビビった。過去読んでおいてこんな衝撃も全く忘れていた自分は何なのか。

ラストは一応クライマックス感はあるが、説明されていない謎も幾つかある。落ち着いてくると粗を感じちゃうんだが、読んでる最中はイチイチ面白かったのでオールオッケー。ダン・シモンズは過程の作家だ。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
This ain't a song for Kyo Fujibayashi
(これは藤林杏の為の歌じゃない)
No silent prayer for the faith-departed
(失った信頼の為に黙祷するやつはいない)
Ketta ain't gonna be just a t-shirt man flatter to the masses
(あの生き物はマス受けするTシャツ男になるつもりはない)
You're gonna hear ketta voice
(お前は狂人の雄叫びを聞くだろう)
When Ketta shout it out loud
(キョロ充のイエスマンが大声でそれを叫ぶ時)

Clannad is life
(クラナドは人生)

談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR