FC2ブログ
  1. Top » 
  2. 読書 » 
  3. ■御影瑛路「空ろの箱と零のマリア 7」/電撃文庫

■御影瑛路「空ろの箱と零のマリア 7」/電撃文庫



シリーズ最終巻。最後の課題、星野一輝を浄化するのが残っているので、それを扱っている。

ループする世界を延々と繰り返す中、死にたがるようになる。不老不死のラスボス系キャラが死を望むネタはよくあるが、これまではいまいち共感出来ないものがあった。が、こういう行程が描かれるとなんだか納得できるものがあった。閉塞、怠惰に麻痺させられるとどうでもいいので変化を求めそう。死であっても。

世界から自分以外の人間をすべて消そうとする流れも、試行錯誤っぷりがシミュレーションSF的に面白かった。罰当たり過ぎるし、主人公がやることじゃないってのもまた凄い。

エピローグにも十分な分量を取ってメインキャラそれぞれを浄化させていて過不足無い締め方だった。「何も死ぬわけじゃあない」ってのは、ベタな台詞なのにこれまでの事件を経てからだと刺さるものもある。自分ももしツイッターのフォロワーを本部以蔵扱いして、名誉毀損で告訴されて前科持ちになって貯蓄たっぷりむしり取られたとしても、「何も死ぬわけじゃない」ぐらいの気持ちでその後の人生を過ごそうと思う。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR