FC2ブログ
  1. Top » 

■DLC:戦友/「ファイナルファンタジー15」(120/2100G)/RPG

3時間ほどベヒーモスの涙を求めて「スモークアイズ」を繰り返し、結局出ずちょっと妥協した強化をした後「暗き坑の奥から」に一時間ほど挑むもクリア出来ず。何の成果も得られない本日であった。いや…レベルとかちょっと上がったし負け戦も多少は意味がある。多少は。多分この「暗き坑の奥から」さえどうにかすれば歴代王も12/13になって残りイフリート退治(&電力作業)でどうにか終えられると思うんだがなあ、どうしたものか。

それにしてもベヒーモスの涙がここまで出ないとは思わなかった。ベヒーモスの大牙もコンスタントに入手出来ているワケではないので顔破壊も安定してないんだがな。

皆のSS見たら竜の髭がレベル99を超えていて疑問であったが、メテオライトで上限を上げられるのね。今回はそれが収穫。自分も一本上限を109にしておいた。

■DLC:戦友/「ファイナルファンタジー15」(120/2100G)/RPG

20181126ff15

前回武器の進化にミスをしたが、進化条件すら分かっていなかった。レベル下の白ゲージだけ見てたよ。武器によって上げるべき別の白ゲージが存在していた。多くのプレイヤーが一日二日で分かるコトに一週間かかってしまった。で、何とか今回はコルセスカと吉光を変化させるのに成功。

で、戦友アップデート前の一応のエンディングを迎えた。バハムートを倒してノクトが目覚めたトコロでエンディング。島に向かう前に「ここから先はイベント」云々のメッセージが出て先に進むのが怖かった。案の定バハムートとか出てきてビビるものの、どうにか倒せた。良かった。シフトブレイクとかもこの辺でようやく理解したぐらい。

その後チョコボ育成に。

20181127ff15

リセマラのロードゲーを経て、レベル99のチョコボを作る。上の青いヤツ。しかし実は罠があり、チョコボで解放出来るエリア、スタミナ200が必要とされる場所があり、この青いヤツでは届いてなかったのであった。199! ロードゲーを無駄に繰り返す羽目に。

てな感じで進めてて、今はヨウジンボウが倒せず困っている状況。ベヒーモスの涙狙いで作業タイムですかのう。

■DLC:戦友/「ファイナルファンタジー15」(50/2100G)/RPG

20181125ff15

昨日、緊急クエストは全部やらんとあかん模様と書いたが、実際どうなんだろうか。イフリートの場所、全開放しないでも行けるのなら、こと実績分狙いなら全部やらなくても良いのかのう。

本日は強い武器の作成を試みる。

・竜の髭
コルセスカを進化させる。
コルセスカはカーテス倉庫の交換屋で入手出来る。
交換には「捻れた螺旋角」「鋭利なカマ」が必要。
→「捻れた螺旋角」はクエスト「飼い慣らせない騎獣」のバイコーンの部位破壊で入手。
→「鋭利なカマ」はクエスト「トレントを掃討せよ」のキラーワスプの部位破壊で入手。

・骨喰
吉光を進化させる。
吉光はメルダシオ協会本部のトレードショップから、「プラチナインゴット」「リーパーの奇骨」と交換可能。
※メルダシオ協会本部の避難民リーダーをトレードショップにする。
→「プラチナインゴット」はメルダシオ協会本部の掘りで、鉄くずが混じった地層から出る。
→「リーパーの奇骨」はクエスト「魔女の実験小屋」のリーパーから入手。クエスト自体は失敗しても良い。

というワケで、コルセスカと吉光を一つずつ入手。後は進化させればしばらくは武器に困らんだろう。

そして、進化失敗。

マジか。テキトーに強化してたらここまでギリギリアウトなものなのか。経験値が貯まらず白ゲージの伸びが良い素材をもっと効率的に使わないと駄目なのか。「冷気の結晶」「雷の結晶」が良いらしいが、中々出ないので「真紅の舌」でも間に合うんじゃないかと考えている。

12/12までに間に合うのか心配になってきたよ。イフリートとかツイッター眺めているだけで胃が痛くなってくる。

■DLC:戦友/「ファイナルファンタジー15」(50/2100G)/RPG

20181124ff15

追加DLC「戦友」関係の実績が12月中頃に取れなくなると知り、開始。

本編で主人公が消失していた10年の間の話のようで、特殊部隊「王の剣」のメンバーで記憶を失っている人物が主人公。内容はモンハン。

クエストに出撃しては敵を倒して電力を入手、その繰り返しで良さそうな雰囲気だったので、最悪序盤だけを黙々とやり続けていればどうにかなるのかと思ったが、マップで足止めされている場所があって、それを開くために「緊急」クエストはやる必要がある模様。他の全てをやる必要があるのかは不明だが、「緊急」は必須っぽい。

で、テキトープレイを繰り返していたがバンダースナッチが倒せず限界を感じており、そろそろ武器をちゃんと考えねばならないと思いはじめている。わしも竜の髭と骨喰の作成を目指そう。

・選ばれし王の仲間達
レスタルムを訪問するグラディオラス、プロンプト、イグニスを倒せば解除。上の方の金網のトコロにいる。
グラディオラスは大ぶりが来るのでXでガードして3発ぐらい反撃してまたXガードで勝てる。
プロンプトは遠くから弓攻撃でオッケー。混乱食らって武器がシャッフルされても弓を随時選べばオッケー。
イグニスは盾でX押し攻撃で怯ませたら数発入れて、また盾X。これが盲人相手の戦い方です。

・託された希望
クエスト「ハンマーヘッドからの旅立ち」を本編キャラ四名でクリアすれば解除。それぞれ操作キャラに選んで4回クリアする必要がある。ノクト、プロンプト、グラディオラス、イグニスの順で自分はクリアした。
最難であろうノクトを一発目でクリアしたので余裕と思っていたが、プロンプトで最後の最後のキングベヒーモスで死んだ。なので、プロンプト2回目はキングベヒーモスのエリアに入らずギリギリ攻撃が当たる範囲で15分ぐらいかけて超安全に戦ったよ。
一番強いらしいイグニスも自分は際どくて、相打ちだった。相打ちで「これどういう扱いになるの?」と眺めていたら飯食い出してポコンが来て一安心。
今振り返ると、ノクトはメッチャすぐ回復して貰えていたなあ。それで初見でも大丈夫だったのかな。流石は王様。守られまくっておる。

■週刊少年チャンピオン感想 52号/2018年

■あつまれ!ふしぎ研究部
人気投票発表。先生が3位とは、健闘している印象。先生、セルフ脳内全裸とか見せていたしね。初期からの三人娘で千晶が一番低いのか。順番つけられないぐらい三人娘は頑張っているので何か不憫。

本編は人気投票8位で見開き扉カラーに出てこれなかった大祐がいい思いをする回。いや、毎回いい思いしているけどな。

■BEASTARS
お爺ちゃん無双で爽快な話が終わったと思いきや後半でいきなりドロドロ系の展開に。ていうかハルはレゴシへの信頼度がまだ低いのかね。

■ハリガネサービスACE
こんな化物が同じチームにいるのなら日々挑み甲斐もあるでしょう。そしてラストで謎の人物登場、ハシラ、ちょっとフライングじゃない? そこまだ明かさなくてもいいんじゃない?

■吸血鬼すぐ死ぬ
なんか珍しく勢いだけの回だったよ。

■魔入りました!入間くん
先生たちによって合体魔獣は瞬殺。これはカエルゴ呼ばなくても十分倒せたのではないのかというレベル。ケルベロス、かっちゃいてるだけだよ。あんま致命傷与えてる感ないよ。

■六道の悪女たち
飯沼、女に手をあげないのならこれもう勝ちようがないではないか。何だかんだで組み合わせシャッフルするのかなあ。乱奈がきっとシャッフルに一役買ってくれるハズ。

■ボスレノマ
膳所のドッヂボール、これ珠小さいし思いっきり自分の鬱憤晴らしで誰かにぶつけて痛めつけようとしていたのかな。膳所がデカいのでボールが小さく見えるとかじゃないよな。貴重なボールを破裂させてしまう。ていうか握力の凄さの表現なのかも知れないが、今後そのネタがタイマンで活かされるのだろうか。

チョコレートは貴重。タイマン力の次は食い物で懐柔と、抜かりのないやり口で一気に引き抜いた。自分を神輿にして担がせているのかと思ったが、そういうコトはしないか。

■もういっぽん!
南雲は何とも言い難い良い表情をしておるのう。色んな解釈が出来そうな表情。

■アカトラ
いきなりラスボス登場かと思ったらちゃんと骸連中とも戦うのか。日本での会話全情報把握とか、相当上位レベルの敵ではないか。漫画が漫画ならラスボスの能力になれそう。

■助けて!除霊委員会
三人の見た目がはっきり区別されてるのが良い。主人公っぽい駄目なヤツが一番好感度の低い顔面をしているのは問題だが、ギャグ漫画の皮をかぶせているので許容かな。触手とか対象間違っているのも憎いな。

■週刊少年ハチ
最終回。この作者の語るマジネタはいつもどこかこっ恥ずかしい気持ちにさせられる。刺さらないので、つまり自分は老い過ぎているのだろう。

■週刊少年チャンピオン感想 51号/2018年

■BEASTARS
お爺ちゃん、やる時はやる。レゴシにその姿を見せるのは初風であるが、レゴシは懐かしく思っているという。壮獣ビースター候補だったお爺ちゃんも今は知名度ゼロのトカゲなのかな? それとも絡んできた連中がたまたま無知だっただけかね。野良バトルでドリアンに手首切られた独歩が外野にハゲ扱いされていたのを思い出したよ。独歩、有名人っぽいのに。

■バキ道
相撲ルールなら宿禰に有利な三角形であるが、果たしてフリーファイトならどうなるのかと言いつつオリバ無理矢理続行。

10秒で全燃焼的なものとして紹介されていたのが相撲であるので、確かに気になるトコロである。オリバには是非とも来週いきなりアルマジロになって持久戦を挑んで欲しい。そして普通にボーリングの玉みたいに転がされて壁突き破ってどっか行って欲しい。今日日の板垣死はそういうギャグやるから。

■六道の悪女たち
乱奈は寺に向かったようで、そっちの組み合わせはいつでもどうにかなる安心感。鈴蘭VSタテシマがどうなるのか不明で楽しみ。鈴蘭は何だかんだで学校に通うようになって欲しい。タテシマもセットでどうかね。

日本で最も有名な災幽鬼の総長。有名に点が打ってあるのが気になる。お笑い集団とかそういう方向で有名なんじゃないだろうか。

■ハリガネサービスACE
下平VS金田。今後下平みたいな敵が出てくるかも知れないし、対策を練っておくのは重要。ていうか味方相手でもほぼ無双なのね。扱いにくいでしょしもへー。

■魔入りました!入間くん
合体モンスターは先生たちによって片付けられる模様。召喚されてまたあの人が美味しい思いをするのか。

■ヒマワリ
新キャラはフェイクで五人目はかつてのリーゼントが来るのかね。この新キャラはちょっとタオと見た目的に被っているし。

■もういっぽん!
イケメン顧問登場…いやこの人女だ。ずっと蝉の鳴き声が聞こえるこの漫画、アリです。

■吸血鬼すぐ死ぬ
漫画家ネタを絡めつつ、ナギリは本来ハンターになりたかったという性根を打ち込む回。ナギリ、ハンターになるのを目指す回とかあるのかなあ。あったとしても、すんごいネタで消化されそうだよなあ。

■鬼のようなラブコメ
閻魔、お泊りでキレるのか。未来永劫地獄に叩き落としてやるって、この台詞は今後何度も出てきて、行く行くは婿に認める的なニュアンスに変わりそうでもある。

■週刊少年ハチ
ハチ、敗北。まーあれだ、青春しているな。そういう感想ぐらいしか出てこない。次回で最終回らしいが、ここはいっそ漫画家以外になったハチと半田の回想で終わっても良いかも知れぬ。前作以上にはなれなかった、この漫画を自己言及するようなオチでどうか。

■週刊少年チャンピオン感想 50号/2018年

■ハリガネサービスACE
奈良代表、これで終わりではないよな? 謎大仏イメージもあったし、全国大会での再戦を願う。帰宅時のバスの中で体に重しつけていたのを外すシーンとか入れて欲しい。本大会では本気で行こう的なコト言っていいのよ。

ラスボスと思しき鴫澤登場、タイトルに組まれたエースという単語が強調される。妹も今後活躍の場が増えるのだろうか。女キャラがどうでもよくなってきている漫画なので扱いがクローズアップされるのは楽しみ。

■バキ道
オリバのタックルが軽やかな音と共に無効化される。宿禰のこの能力は序盤から出てきているが何なんだろう。ボルダリングで着地が軽やかだった時辺りから出ている。衝撃を緩和させる謎技術が持ち味なんだろうか。シャオリーよりも、達人の合気が近そうな雰囲気だよなあ。

予予、地に足で根を張る的な表現に疑問を抱いていたが、オリバが持ち上げようとして持ち上げられないシーン、宿禰の腕の位置とかでオリバの力を十全に出せないような形にしているようにも見えるので、このまま「相手が本来の力を出せない格好にさせる」という流れにしてくれないかなあ。

逆三角は三角形に敵わない発言。三角形は山なので動かざること云々の路線かな。実際動かせないし。オリバが想像以上に噛ませ犬として扱われている。この勝負、パワー対決と思わせてテクニックが相当駆使されていたのやも知れぬ。オリバからの派生でゲバルの登場が待たれれる。地球拳掘り下げてくれ。

■魔入りました!入間くん
逃げるという選択を出してくるとは。が、サブノックのその後の発言がいい事言ってそうでよく分からない。あとは入間にお任せ気分だったのだろうか。先生が今回は何とかしてくれる模様。

■鬼のようなラブコメ
見られても問題ないが触られるのはNGな性器という感じなのか。

■BEASTARS
ルイ、ジュノと青春を謳歌。ここまで動揺するとは。犬歯がどうの自己分析しているが、犬歯はあながち間違ってないのかも知れない。ジュノ、このまま青春のコマにならないでくれ。自分はジュノにはそれぐらい邪悪な存在で居て欲しいと思っている。

■六道の悪女たち
各個撃破の流れに。課長や軍曹が果たしてまともに戦えるのだろうか。学んだカンフーの見せ場になるんだろうが、いきなり鬼島が山に来て一人ずつサポートするような展開でもアリ。

■吸血鬼すぐ死ぬ
小さなコマでも露出が許される汚れ役はマリアぐらいなのか。

■もういっぽん!
ノスタルジーの塊な部分だけで読める。絵も丁寧だし。

■ヒマワリ
若くてまっすぐ。落ちぶれてひょこひょこ戻ってくる展開希望だけど、カメラマンとして大成しなくてもこやつは満足しそうだよなあ。

■アカトラ
デザインの関係か仰々しい顔芸の為か夜神月に見えて胡散臭いコトこの上ない。5人撃破したら始末される流れかねコレは。

■週刊少年ハチ
結構唐突にラブコメ仕出してそのまま結果に至る。いやまあ以前からそういう予兆はあったけど、序破急感が甚だしい。実は私は世界に生まれてたら100週はかかりそうなものを一話で片付けた。

二番目に出てきたヒロインとくっつくというのも何となく古典主義者であろうこの作者らしくなさを感じるが、まあすっきり結果が出てよろしい。

■「アケアカNEOGEO STRIKERS 1945 PLUS」(1000/1000G)/シューティング

20181102st

シリーズの中では、序盤は例の高速弾でもなくて見て避けられるし、遊びやすい部類かな。

■ハイスコアモード40万点
フライングパンケーキ使用。一面につき約10万点入るので、4面ボス撃破前後で到達する。ボムは二面から惜しみなく使用する感じで良い。

ボムやパワーアップはマックス以上取るとスコアに、金塊はハイライトが最大の時に取ればスコアも上昇する。が、あんまそこは気にせず、とにかく4面をクリアまで生き延びるのを優先すれば届く。

■オリジナルモード100万点
一周クリアぐらいで到達。上の画像がラスボス。コンティニューするとスコアがリセットされるので、レベル1にした上で残機もボムもマックススタート、セーブ&ロードを駆使してある程度はノーボムノーミスで進行させた。

■週刊少年チャンピオン感想 49号/2018年

■鬼のようなラブコメ
土田、手口はゲスいが度胸は素晴らしい。たんなる馬鹿なのだろうが、微妙に憎めないキャラに感じた。この調子で準レギュラー化してもいい。心から馬鹿だったというコトにすれば、善人化も可能だ。しかしまた新キャラの噛ませにされそうな雰囲気。

■バキ道
バーベルの次はサンドバックで宿禰の試割が描かれる。リアルでまわし無しの人を相手にしたら、皮と肉掴んでマワシを作るんだろうなーというのが何となく理解できたので、オリバがマワシアリで登場した時はちょっと安心した。いや、オリバが勝負中にマワシを捨てて、強引に筋肉掴んでマワシ化する展開も未だ残っていると思うが。

というワケでオリバが登場。意外と早かった。読者に見せる宿禰の初バトルになる。オリバ、作中でも屈指のパワーファイターなんだけど、どう屠られるんだろうか。真っ向からのパワー対決で負けるのかね。正直その流れで負けて欲しい。凄いカナダ人だったのでついテクニック使っちゃいました的な温情は要らないよ。

■弱虫ペダル
「10mでも1mでもいい やろうよ勝負」
この台詞が良いな。特に1m。極限のホントのホントの勝負は1mで分かつ結果になって欲しい。台詞を何度も再利用/再解釈する作者だろうし、一見短い今回の回想も、これからのゴールまでの僅かな距離で二転三転する為の仕込みにしてくれている筈。

■魔入りました!入間くん
張り合って魔獣を圧倒する二人。次回は助けるんだろうが、意図的ではない助け方のほうがヤツの性格っぽいよなあ。

■BEASTARS
お爺ちゃんが毒舐めさせるシーン、もっと上手く演出出来たであろう気もするんだが、この未熟さもこの漫画の魅力だからなあ。

バイト先の肉食獣はいい連中ばかりなんだけど、実際にレゴシがカミングアウトしたら引いちゃうんだろうか。

■魔法少女サイト
親父の下血が一応これまでの溜め開放のカタルシスなシーンなんだろうか。

■六道の悪女たち
凄い。こんな形で数珠封印が解除されて今回のエピソードのメインバトルに突入するとは。ワイルドカードの乱奈がどのタイミングで登場するんだろうか。乱奈はいつまでも迷っててクマと戯れてて欲しい気持ちもあるが、登場&無双、そして六道くーん(ラブ)の絵で天女が六道を諦めるシーンもきっと見どころだろうしなあ。

■もういっぽん!
今回もほのぼの。日常系4コマに感情を代入したような作品で、ほろ苦さ含めて読めている。これはアリ。

■ヒマワリ
「やりたいことはあるけど仕方ないからアイドル続けるわーあーホントにやりたいことは違うんだけどなー」的なスレまくった展開にも期待している。

■吸血鬼すぐ死ぬ
ドラ公の家庭教師ポジションの吸血鬼が登場。女ったらしで、シンプルに吸血鬼している。どうかサルも参戦して欲しいトコロ。

■アカトラ
あいつは男で確定なのか? 何か主人公と同じぐらいデザイン凝ってそうなんだけど、当初は主人公候補だったりするキャラなのかね。

兵器は力と断じている桂小悟郎なので、今回はご縁が無かっただけでちゃんと兵器を導入したりするのかな。それこそディスられていたドイツの兵器とかで。

■10月まとめ/100冊読書/2018年

■2018年10月/読書
026:赤川次郎「悪魔のような女」(角川文庫)10/01読了
027:御影瑛路「空ろの箱と零のマリア 7」(電撃文庫)10/01読了

10月の読了は2冊、年間読了カウントは27冊。

気付けば今年も残り二ヶ月。早い。読書は全く予定通りに進まず、本業たるXboxでも日々実績ストリークスを繋げるだけの生活になっている。もういい。もうこれでいいんだ。自分の今年はこれでいい。

談合的なものも出来てないなあ。お誘い受けているのに実績ストリークス繋いだら本日のノルマ達成でone終了って日が多い。

Page Top

プロフィール

七瀬

Author:七瀬
談合時のチャット部屋

連絡先:
onthelindenあっとまーくyahoo.co.jp

最近の記事
カテゴリ
FC2カウンター
Xbox360

フレンド常時募集中。
気軽にどうぞ。
月別アーカイブ
リンク

このブログをリンクに追加する

Powered By FC2ブログ

Powered By FC2ブログ
ブログやるならFC2ブログ

ACR